【2023年】ウェスティンシンガポール子連れ宿泊記!マリーナベイエリアホテル

【2023年】ウェスティンシンガポール子連れ宿泊記!マリーナベイエリアホテル シンガポール

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

コロナ後、久々の海外家族旅行先はシンガポール。

シンガポールにマリオット系列のホテルは数多くあります。そこで今回は、すべてマリオット系列のホテルにポイントで宿泊してきました。最初の2泊は、ウェスティンシンガポールです。

円安の影響はもちろん、物価の高いシンガポールでの宿泊に、溜まったポイントを利用できるのは本当にありがたいことです。

マリーナベイエリアにある高層ラグジュアリーホテル、想像以上に満足度の高いステイとなりました。

中学生になった12歳のじゃーくん、普段国内では立派に大人料金ですが、ウェスティンシンガポールでは添い寝扱いなら追加料金も不要でした。

子連れ宿泊(立派な大人年齢ですが)、少しでもシンガポールでのホテル選びの参考になれば幸いです。

ウェスティン シンガポール/The Westin Singapore

ウェスティン シンガポールについて

マリーナベイの南側シェントンウェイに位置する「ウェスティン・シンガポール」。ビジネスにも観光にも便利なダウンタウンの中心部です。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

2棟並ぶAsia Square Tower 2の高層32〜46階にウェスティンシンガポールあります。

ウェスティンシンガポール
公式HPウェスティン シンガポール
客室数305室
チェックイン15:00~
チェックアウト12:00
お子様添い寝可(〜12歳)
クラブラウンジ⚪︎
プール⚪︎
住所12 Marina View, Asia Square Tower 2, Singapore, 018961
アクセスシェントンウェイ駅すぐ
ダウンタウン駅より徒歩約3分
チャンギ国際空港よりGrab等配車アプリにて約30分
ポイント宿泊33,000〜59,000

マリオット会員は公式ページからの予約をおすすめします。

↓予約、宿泊価格のチェックはこちら↓

>> Booking.com – ウェスティン シンガポール

>> agoda – ウェスティン シンガポール

>> Expedia – ウェスティン シンガポール

>> Hotels.com – ウェスティン シンガポール

ウェスティン シンガポールへの行き方・アクセス

地下鉄(MRT)シェントンウェイ駅がホテルのすぐ目の前、ダウンタウン駅からは徒歩約3分ほどで大変便利アクセス良好です。

我が家は夕方に、シンガポール航空にてチャンギ国際空港到着。

シンガポールではタクシーが安いため、スーツケース等の荷物がある時は、やはりタクシーがおすすめ。便利で快適な配車アプリGrabを利用して、ウェスティンシンガポールに向かいました。

23シンガポールドルほど(約25分)で到着しましたよ。ホテル前にロータリーもあったので、grabの乗り降りも快適でした。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

32階にあるフロントロビーまで、高速エレベーターで向かいます。

ウェスティンシンガポール

ウェスティン シンガポール宿泊レビュー

今回の宿泊は、2泊ともポイントを使って予約しました。予約時は、1泊40,000ポイントでしたが、その後確認してみると初日が33,000ポイントに下がっていたため予約変更。その後2日目も同じポイント数に下がったタイミングで予約を変更しました。かなりお得にポイント宿泊できました。

  • 連泊の場合、1泊づつの予約変更ができません。必要ポイント泊は日によって変動する場合が多く、ポイント数が下がったタイミングで予約変更するためには、1泊ずつ予約をとるのもオススメ裏技。

海外での宿泊時、ホテルによって対応の違い、予約時期や常に条件の変更もあるため、きちんと予定通りの内訳で予約してください、とあらかじめマリオットカスタマーセンターに確認してました。予定通りの大人2名と12歳の子供1名の計3名の予約です。

宿泊日が近づいてからマリオットカスタマーセンターに電話、下記2点を確認しました。

  • 1泊づつの予約を2日の連泊扱いにして欲しい
  • 12歳じゃーくんが添い寝でも大丈夫か

すると、ベッド幅がダブルなので、添い寝どころか大人二人でも寝れますよ〜、とのこと。

追加ベッド利用の場合は、公式サイトにも記載のとおり1泊1台118.80 シンガポールドルで可能です。

フロント・ロビー

32階の高層にあるフロント・ロビー。

チェックイン時にレイトチェックアウトの希望を確認されたので、15時までお願いしました。有り難いサービスです。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

天井も高く、窓も大きくて開放感たっぷり。夜はピアノ演奏も行われていました。

ウェスティンシンガポール

向かって右側3基が32階までのエレベーター。客室階へは、左側3基のエレベーターを利用します。

ウェスティンシンガポール

お部屋/クラブツイン高層階

ポイント宿泊のため、一番リーズナブルなダブルルームを予約していましたが、ありがたく最上階のダブルルームに宿泊させていただきました。お部屋の広さは変わりないと思われますが、最上階っていうのが嬉しいですね、ワクワク。

ウェスティンシンガポール

お部屋に入ると、ゆったりとしたスペース。最低40平米以上あるという客室に納得の広さです。

ウェスティンシンガポール

壁付のディスプイも大ききめ、デスクもゆったり広々サイズ。

ウェスティンシンガポール

壁面窓ガラスからの景色は、遠くにセントーサ島までが望めてしまいます。

ウェスティンシンガポール

神戸港でお仕事のすーパパは、シンガポール港の規模の大きさを感じてました。

ウェスティンシンガポール

サイドテーブルには、ネスプレッソとお水。

ウェスティンシンガポール

引き出しにカップ&ソーサーやケトル、グラス類が収納。お茶は嬉しいTWG。

ウェスティンシンガポール

電気ケトルも引き出しの中にありました。

ウェスティンシンガポール

冷蔵庫には、豊富にミニバーのドリンクが用意されています。取り出すと加算されるタイプ。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

デスク脇に、全世界対応型のコンセントが1つと、USB差込口。

ウェスティンシンガポール

デスク下に、大きめのセキュリティボックスがあります。

ウェスティンシンガポール

BOSEスピーカーも用意されていました。

ウェスティンシンガポール

枕元には、ウェスティンのラベンダーオイルに、

ウェスティンシンガポール

ターンダウンサービスでのチョコレートも、連日用意していただきました。お水も足りなければ、追加でお願いできます。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

ベッドスペース奥のウェットエリアは、大きな鏡に広々としたスペース。クローゼットも大きくスーツケースもゆったり収納できます。

ウェスティンシンガポール

着心地抜群のふかふかバスローブはありますが、海外のホテルはパジャマがないですね。

ウェスティンシンガポール

引き出しにスリッパが収納されていました。

ウェスティンシンガポール

大理石の洗面エリアの奥側にドーンとバスタブ。高級アジアリゾート感満載です。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

左手にはシャワーブース。バスアメニティはウェスティン共通の「ヘブンリーのホワイトティー」。ハンドシャワー&レインシャワーがあります。

ウェスティンシンガポール

その横のトイレはtotoです、が残念ながらウォッシュレットは付いていません。座るたびに、つめたっと叫ぶじゃーくん、笑。トイレ&シャワーの扉はスケルトンです。

ウェスティンシンガポール

シンガポールはどこも、洗面スペースにしかティッシュペーパーがありませんでした。お部屋にも欲しいところです。

ウェスティンシンガポール

アメニティ類、足りなかったじゃーくんの分はマリオットのチャットを利用し、追加でお願いしてみたところ、すぐにお届けてしてもらえました。

ウェスティンシンガポール

海外旅行ときのスキンケアは、ワタシプラス 資生堂(オンラインショップ)のトライアルセットおすすめですよ。安心の資生堂で1品からでも送料無料なのが、とってもありがたい!

ゆったりとしたお部屋、見晴らしも素晴らしく、快適に心地よく過ごせました。

朝食とクラブラウンジの詳細は、下記よりご覧ください。

プール

プールは、クラブラウンジのフロア35階の屋外にあります。

ウェスティンシンガポール
ウェスティンシンガポール

ビーチソファやパラソルも設置されています。

ウェスティンシンガポール

高層階にあるこれだけのプールがあるのも素晴らしい。子連れファミリーの利用が多かったです。

レストラン・バー

  • Seasonal Tastes(32階/朝食会場)
  • Lobby Lounge(32階)
  • Cook & Brew(33階)

ウェスティン シンガポールには、レストラン・バーが3箇所あります。朝食会場になる「Seasonal Tastes」。

ウェスティンシンガポール

「Lobby Lounge」は、天井も高く窓も大きく開放的で落ち着いた空間です。

ウェスティンシンガポール

33階のダイニングレストラン「Cook & Brew」では、マリーナベイと南シナ海の景色を眺めながらのひとときを過ごせます。

フィットネスジム

35階には、フィットネスジムがあります。宿泊者(18歳以上)は無料で、24時間可能。

ウェスティンシンガポール

高層階からの眺めを楽しみながらのランニングマシーン、なんだか頑張れてしまいそう。

ウェスティンシンガポール

エリート特典

マリオット系列のホテルに宿泊する際は、マリオットボンヴォイ会員になることをおすすめします。

朝食やラウンジが無料になるプラチナエリート以上が有り難いですが、ゴールドエリートでも14時までのレイトチェックアウトやお部屋のアップグレードなど嬉しい特典の数々。

ゴールドエリート会員特典
  • お部屋のアップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • 滞在でのポイントが25%アップ
  • ウエルカムギフト500ポイント
プラチナエリート会員特典
  • エグゼクティブラウンジの無料利用(大人2名)
  • お部屋のアップグレード(スイートルーム含む
  • 朝食無料(大人2名)
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • 滞在でのポイントが50%アップ
  • ウエルカムギフト(1,000ポイント or スナックと飲み物)

カードを発行するだけで、マリオットボンヴォイの「ゴールドステータス」が得られるという特典が付いてくる「Marriot Bonvoyアメックスプレムアムカード」。詳細は下記よりご覧ください。

ウェスティン シンガポール近隣施設

ホテル周辺はビジネス街ですが、すぐ近くにシンガポールのホーカーズで有名な「ラオパサ」もあります。夜も、たくさんのお客さんで賑わっていました。

「チャイナタウン」、「マーライオン公園」、「マックスウェルフードコートセンター」なども徒歩圏内で大変便利な立地でした。

MRT(地下鉄)のシェントンウェイ駅がホテルの目の前だったので、暑い昼間はさくっと1駅だけ乗車したり、移動するのにもとても便利でした。

ウェスティン シンガポールの総評

ウェスティン シンガポールのホテル周辺はオフィス街のため、宿泊した週末は、ホテルの周りやMRTの駅も静かで落ち着ける雰囲気でした。マリーナベイエリアからも徒歩圏内で距離的には近いのですが、マリーナベイの雰囲気は感じられないかもしれません。

そのため、週末の方がホテル代も安くなっていたのかも。ある意味穴場、かもですね。

我が家にとっては、人混みでにぎわっているとこより、この静けさがとても快適で良かった。高層階からの最高な眺めと共に、広々お部屋でゆっくり過ごすことができました。

なにより2泊で66,000ポイントの支払い、現金での支払いは一切必要ありませんでした。宿泊日の高層階ダブルルームのお値段を確認したところ、956シンガポールドル/1泊の価格でした。

マリオットポイント、驚きの価値でした!

↓宿泊価格のチェック、予約はこちら↓

>> 公式HP – ウェスティン シンガポール

>> Booking.com – ウェスティン シンガポール

>> agoda – ウェスティン シンガポール

>> Expedia – ウェスティン シンガポール

>> Hotels.com – ウェスティン シンガポール

タイトルとURLをコピーしました