【台湾旅行】空港での両替よりおすすめ!ATMでキャッシングする方法

【台湾旅行】空港での両替よりおすすめ!ATMでキャッシングする方法 台湾

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

我が家の海外旅行ときは、いつも現地に到着してから現地のATMでキャッシングを利用します。

台湾旅行でも、桃園国際空港に到着すると。

まずは、スマホの設定。(すーパパahamo、すーママ楽天モバイルの海外ローミング使用。)

次に、空港にあるATMからキャシングという順番。

空港にある両替所や銀行の両替に比べると、手数料も安く抑えることができます。

キャッシュレスも浸透してきている台湾ですが、実際に旅行してみると、まだまだ現金が必要な場面が多かった印象。台湾のATMでキャッシングする方法とメリットや注意点などをまとめました。台湾旅行の参考になると幸いです。

海外キャッシングのメリット

台湾の通貨を手に入れる場合、一番わかりやすいのは、空港の両替所。言葉が通じなくても、パスポートと日本円を渡せば両替してくれます。

ただし、混雑していて行列ができていることも多く、並ぶ必要があります。

海外キャッシングのメリット
  • 両替するよりも手数料が少ない
  • 空港、MRTの駅、コンビニなど色んな場所のATMで引き出し可能
  • 台湾の通貨が足りなくなったとき、深夜でもコンビニのATMで引き出し可能
  • 日本円を持っていなくても台湾通貨が手に入る

クレジットカードを使って現地のATMでお金を借りる海外キャッシングの方が、手数料もお得で利便性も高いです。

ATMで海外キャシングする方法

桃園国際空港にも至るところに、臺灣銀行と兆豐銀行のATMがあります。

今回は、臺灣銀行のATMを利用しました。こちらのATM、日本語表示もあるのでありがたい!

カードを入れる

まずは、カードを挿入口に入れます。

言語を選択

言語の選択画面が表示されるので、日本語を選択します。

クレジットカードを選択

クレジットカードか、臺灣銀行のキャッシュカードを使うかの選択画面が表示されました。クレジットカードを選択します。

暗証番号を入力

続いて、暗証番号を入力して、確認ボタンを押します。

利用サービスを選択

利用サービスを選択する画面が表示されました。キャッシングを選択します。

口座の種類を選択

口座の種類は、クレジットカード口座を選択します。

金額を選択

その後、金額を選択する画面が表示されます。

引き出し額は、1,000台湾ドル、3,000台湾ドル、5,000台湾ドル、10,000台湾ドル、20,000台湾ドルの中から選べます。

カードと現金を受け取る

カードが返却されるので、忘れないよう取り出し、台湾ドルと明細書を受け取ります。

これで無事に、ATMから現金を引き出すことができました。

我が家は、ネットで繰上げ返済ができるエポスカードを使用。年会費無料ですが、海外旅行保険も充実していて、VISAのタッチ決済もできます。海外旅行時には、必須のクレジットカードです。

台湾でキャッシングの注意点

上限額が決まっている

ATMから引き出せるのは、最大20,000台湾ドルまでです。

20,000台湾ドル以上を引き出したい場合は、もう一度同じ工程を繰り返す必要があります。

キャッシング利用枠の設定が必要

海外キャッシングを利用するには、キャッシング利用枠とカード暗証番号が必要です。

クレジットカードのキャッシング利用枠を設定していなかったり、増枠を申し込む場合、事前の申し込みが必要です。審査と確認に時間を要することもあるため、旅行前に、準備しておきましょう。

利息がかかるため繰上げ返済がおすすめ

キャッシングは借金になるため、返済までの期間が長いほど多く利息を払う必要があります。だいだい年18%程度の利息が発生します。利息を少しでも抑えるためには、繰上げ返済がおすすめです。

そんな時に便利なのが、ネットだけで繰上げ返済ができるエポスカード。我が家はいつも、帰宅後に繰上げ返済を済ませてしまいます。

>> 公式HP エポスカード

まとめ

台湾旅行で、両替よりお得に台湾通貨をATMから海外キャッシングする方法とメリットや注意点を紹介させていただきました。

キャッシュレス決済も浸透してきている台湾ですが、小規模な個人店では現金のみも多かったです。クレジットカードが利用できても、やはりVISAとマスターカードしか受け付けてもらえないとこも。

夜市などでは、LINE PAYの使える店舗があったものの、日本のLINE PAYがサービス終了になるアナウンスがありました。日本のLINE PAYでは、利用できなくなってしまう、ということ。

空港で台湾通貨を手に入れたら、MRT乗車するために便利な悠遊カードに、早速チャージ(現金でしかチャージできません)する必要がありますね。

予約も受取りも簡単なKlookで、事前申し込みするのもおすすめです!

>> Klook – 悠遊カード(EasyCard)

タイトルとURLをコピーしました