シンガポール旅行で使えるSIMカード!おすすめ購入方法【チャンギ空港】

シンガポール旅行で使えるSIMカード!おすすめ購入方法【チャンギ空港】 シンガポール

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

コロナ前の海外旅行では、ポケット型Wi-Fiを出発前の空港でレンタルし、旅先で持ち歩いていたすーファミリー。

今回のシンガポール旅行では、プリペイドのSIMカードを利用してみました。

旅先では、行きたい観光地やお店に到着するためマップを確認したり。移動に配車アプリGrabを利用したりと、国内同様にスマホを使えると、やっぱり便利で有り難い。

まずチャンギ空港到着後、フリーWi-Fiに接続して、KLOOKで申込み。その後両替所窓口でSIMカードを受取りました。もちろん直接両替所で購入も可能です。詳細を紹介していきます。

シンガポールのプリペイドSIMカード

シンガポール通信キャリア

シンガポールの通信キャリアは、3社あります。

  • Singtel
  • StarHub
  • M1

どのキャリアも、旅行者向けSIMカードが用意されています。最もシェアが大きいSingtel(シンガポール電信)が信頼性も高い。というすーパパのリサーチに従い、迷わずSingtelを選択。

購入に必要なもの

  • パスポート
  • お金 or バウチャー※

※KLOOKで予約した場合は、バウチャーの提示が必要になります。

KLOOKの詳細は、下記よりどうぞ。

下記のリンクから会員登録すると、登録後に500円クーポンがもらえます。

Singtel hi!Tourist SIMカード

Singtelが発売している旅行者向けのSIMカード「hi!Tourist SIM」。空港だけでなく、街中のコンビニでも購入できます。

Wi-Fiのつながる空港で入手しておくのが、移動のためにも一番ベストだと思います。

アクティビティのリサーチ中に、KLOOKでSIMカードが購入できるのをチェックしていたすーママ。今回利用のシンガポール航空、出発時点で到着ロビーが不明だったため、到着後チャンギ空港のフリーWi-Fiに接続してからKLOOKで購入しましたよ。

購入方法

空港の両替所で直接購入も出来ますが、到着後かんたんに予約して受け取りできたKLOOKでの購入方法を紹介していきます。即時予約との記載もありますが、出発前の国内で予約しておくと安心ですね。

受取場所、使用可能期間、データパッケージを選んで予約手続きにすすみます。

受取場所は、チャンギ空港ターミナル1〜4か、市内のショップ受取かの2択でした。「hi!Tourist SIM」は、第1〜第4到着ターミナルどこでも受取可能でした。

到着がターミナル3だった我が家、受取場所の地図もクリックすると確認できます。

クーポンを利用して支払い完了すると、すぐにバウチャーが発行されます。

早速バウチャーとパスポートを持って受取場所へ。

14日間、100GBで12シンガポールドル。KLOOKクーポンもあり、¥887というリーズナブルなお値段で購入できてしまいました!直接購入するよりもだいぶんお得でしたね。しかもKLOOKの支払いは、クレジットカードやPayPayも使えるのが嬉しい。

SIMカードを入れ替え、電波が入っているか確認するだけでOKです。最初うまく通信できなかったため、再起動したら大丈夫でした。SMSで「ようこそ、シンガポールへ!」とメッセージが届きました。

少し口コミを見ていたので、SIMカードを取り出すためのピンは、ちゃんと準備しておきました。

hi!Tourist SIMのメリット

実際に「hi!Tourist SIM」を利用したメリットを見ていきましょう。

  • 繋がりやすい
  • 4Gデータ100GBの大容量
  • SNSアプリ使用制限なし
  • 国内電話500分と国際電話30分が無料
  • データローミング3G(オーストラリア、マレーシア、インドネシア、タイ)

マリーナベイやセントーサ島、シンガポール西端にあるタイガービール工場などいろんな場所で使用してみましたが、快適にネット接続できました。容量も100GBあれば、じゅうぶん過ぎるくらいです。

我が家は、すーママ一人分のみ購入。じゃーくんは、デザリング機能でネット回線をシェアすることに。すーパパは、ahamoだったのでそのまま海外データ通信が利用できるからと、追加SIMカード必要無しでした。

シンガポール国内電話500分と国際電話30分が無料で付いてるので、急用があって電話する際にもありがたい。カードの外袋に、電話番号が記載されていました。フェイスブックやLINEなどのSNSは、制限なしに利用できます。

また、マレーシア等の近隣国も一緒に訪れる予定など、他国でもデータローミングが使えるのは便利ですね。

hi!Tourist SIMのデメリット

値段もリーズナブルなうえ、ポケットWi-Fiのように荷物にならず魅力満載のSIMカードですが、実際に使ってみて感じたデメリットは、

  • SIMフリーの端末が必要
  • 迷惑電話がかかってくる場合がある

SIMフリーの端末が必要になることでしょうか。SIMフリーの端末がない人は、海外WiFiレンタルを利用するのが良いですね。

現地の電話番号がもらえる分、旅行中2回ほどマレーシアやシンガポールから迷惑電話がかかってきました。もちろん出なかったのですが、。ホント迷惑なことです。

電源を入れない日は「通信料0円」の海外Wi-Fiレンタルショップでは、無駄な出費を抑えることができます。

複数人でスマホとタブレットなど、複数台利用する場合にはWiFiレンタルがおすすめ。

シンガポールSIMカードのまとめ

シンガポール旅行、チャンギ空港でのおすすめSIMカードの購入方法を紹介しました。

高速大容量で、しかもお値段もリーズナブルなhi!Tourist SIMカード。目的地への移動がスムーズにすすむことが何より!おかげで快適なシンガポール旅行を過ごせました。

>> KLOOL – SIMカード

あらかじめ用意しておいた方が安心な場合は、Amazonや楽天でSIMカードを事前に購入することも出来ます。飛行機の中で準備しておけば、到着後すぐに利用できるのが嬉しいとこですね。

>> 楽天市場 – SIMカード

>> Amazon – SIMカード

タイトルとURLをコピーしました