【シンガポール マリオット タンプラザ ホテル】クラブラウンジ12歳子連れの利用は?

【シンガポール マリオット タンプラザ ホテル】クラブラウンジ12歳子連れの利用は? シンガポール

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

シンガポールのショッピングエリア、オーチャードの中心に位置する「シンガポール マリオット タンプラザ ホテル」のクラブラウンジを12歳子連れで利用してきました。

ホテルの公式サイトには、12歳未満のお子様は入場できません。との記載があります。

海外ホテルのクラブラウンジは、子供の利用ができない場合が多い。12歳のじゃーくんは、利用できるのか?気になるところ。

チェックイン時にフロントスタッフより詳しく説明があり、追加ゲストは、100シンガポールドルで利用可能とのこと。せっかくの機会なので、ファミリーでラウンジを利用してきました。

  • ラウンジの詳細とサービス
  • フードプレゼンテーション

を紹介していきます。

シンガポール マリオット タンプラザ ホテル「Mクラブラウンジ」

シンガポール マリオット タンプラザ ホテルのクラブラウンジは、プールと同フロアの5階にあります。

マリオットホテルらしいグレーカラーのシックな雰囲気。

プールエリアのすぐ横にあり、開放的なとても落ち着ける空間でした。

クラブラウンジの営業時間とサービス内容

2023年8月のチェックイン時にいただいた案内になります。

宿泊時のタイムテーブルは、下記のとおりでした。

クラブラウンジ営業時間
  • 朝食: 6:30〜10:30(平日)、7:00〜11:00(土日祝日)
  • オードブル&デザート:17:30〜19:30
  • カクテル:17:30〜20:30

クラブラウンジアクセスルームの宿泊者、またはマリオットボンヴォイのプラチナエリート以上が利用出来ます。

  • 12歳未満のお子様は入場できません。追加ゲストは、それぞれにお食事が有料になります。

シンガポール マリオット タンプラザ ホテルでは、チェックイン時にフロントスタッフがラウンジの案内を丁寧に説明してくれました。

パースポートも確認して、12歳のじゃーくんは無事大人扱い!

プラチナエリート以上の会員は、同室に滞在中の1名まで無料で利用できるため、じゃーくん1名追加のラウンジ利用料金が100シンガポールドル。利用されますか?との確認。

前日に宿泊したウェスティンシンガーポールでは、じゃーくんだけラウンジに入れない、という屈辱を感じていたようだし、。ここは、ファミリーでラウンジ利用できるなら!と1名追加でお願いしました。

周辺には食べるとこも多く、観光地へのアクセスも抜群なので、追加料金を支払ってラウンジを利用するのがベストかはそれぞれのご家庭によると思います。

お子様が小さい場合は、「ステータス特典で大人2名の朝食」、プラス「対象ホテルでのマリオット会員12歳以下の子供朝食無料特典」でレストランを利用する方が良いかもしれません。子供が中学生以上だと、旅行のスケジュールにもよりますね。

「Mクラブラウンジ」フードプレゼンテーション

オードブル&デザート・カクテル

さっそく17:30〜19:30のオードブル&デザートに行ってみました。ルームキーをかざしてラウンジに入るとスタッフより、部屋番号の確認がありました。

ドリンクバーコーナーは、奥の部屋にあります。タイガービールは、ビールサーバーからの生ビールでした。まずは、よく冷えたタイガービールで乾杯!

バーカウンターと反対のコーナーに、お料理やデザートが並んでいます。

サラダにオリーブやグリル、パン

ホットミールやチーズもいろいろ揃っています。

色とりどりのデザートやフルーツも、冷蔵庫でしっかり冷やされています。

オードブル&デザートタイムですが、夕食としても充分なお料理が並んでいました。アルコールの種類も豊富で、カクテルメニューも用意されています。

どのお料理もとても美味しく、今まで食べたラウンジメニューの中でも上位に入るね、と高評価の我が家。

そして何より、ラウンジスタッフサービスのクオリティがとても高かった。ドリンクが無くなると、次の飲み物を確認してサービスしてくれたり、空いたお皿はすっと引いてくれたり。ラウンジの混み合っている時間、けっしてスタッフの人数が多いわけでもない中で、驚くほどテキパキされていました。

遅めの昼食をとった我が家にとって、少しずつ色んな品を食べれるのがちょうど良かったです。ハイクオリティのお料理とサービスのおかげで、家族揃って満足度の高いラウンジ時間を過ごせました。

朝食

ラウンジ朝食は、 平日6:30〜10:30、土日祝日7:00〜11:00に提供されています。

レストラン朝食に行かれる方が多いのか、比較的空いていてゆったりと過ごせました。

コンパクトなスペースにに豊富なメニューが揃っています。

エッグコーナーでは、オムレツ・ポーチドエッグ・目玉焼き・ホワイトエッグの中から好きな物を注文できます。具沢山のオムレツ、とても美味しくて大好評のすーファミリーでした。

バターチキンカレーも美味しかった。薬味が揃っているのも嬉しいですね。

中華のもちもち海老蒸し餃子。

定番ソーセージに、ハムカツもあります。

ビリヤニ、ポークビーンズ。

魚の中華粥。

冷蔵庫には、サラダやサーモン、チーズ、フルーツ、ヨーグルトが並んでいます。

パンの種類も豊富です。

席につくと、コーヒー・紅茶のサービスがあります。シンガポールの朝食では、この流れが定番のようですね。

オードブル&デザートタイム同様、お料理とサービスのクオリティが高く、とても居心地が良かった。大満足な朝のスタートでした。

「Mクラブラウンジ」の総評

シンガポール マリオット タンプラザ ホテルのラウンジサービス内容を紹介させていただきました。

オードブル&デザートタイム、朝食ともにお料理の品数も多くとても美味しかったです。また、ラウンジスタッフのサービスは、いままで利用したラウンジの中でも格別にクオリティが高かった。

ただ、アフタヌーンティーのサービス時間は、設けられていませんでした。

12歳未満は、ラウンジに入ることができないため、親が順番に利用する等の配慮が必要です。我が家の場合12歳でラウンジ利用が出来たので、100シンガポールドルの追加料金を支払って家族で利用しました。

今回のシンガポール旅行、飛行機はANAマイルの特典航空券を利用。5泊の宿泊は、すべてマリオットポイント宿泊です。シンガポール マリオット タンプラザ ホテルは、1泊37,000ポイント。迷うことなくこの追加料金を支払うことができました。

なかなか物価のお高いシンガポール、レストランの食事1度で同じくらいの金額になります。我が家にとっては価値のある使い方ができたかな、と思いました。

少しでも旅行の参考になれば幸いです。

↓予約、宿泊価格のチェックはこちら↓

>> Booking.com – シンガポール マリオット タンプラザ ホテル

>> agoda – シンガポール マリオット タンプラザ ホテル

>> Expedia – シンガポール マリオット タンプラザ ホテル

>> Hotels.com – シンガポール マリオット タンプラザ ホテル

タイトルとURLをコピーしました