【オクマプライベートビーチ&リゾート】リノベーション後のガーデンヴィラ宿泊記ブログ

【オクマプライベートビーチ&リゾート】リノベーション後のガーデンヴィラ宿泊記ブログ 国内旅

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

沖縄本島最北の村・国頭村の西海岸に位置する「オクマ プライベートビーチ & リゾート」。

まだ気軽に海外にいける状況ではないなか、沖縄にもヴィラがあるのを発見!バリ島みたいなヴィラかなぁ、気になるすーママ。
それも「楽天トラベル高級ヴィラの人気ランキング全国1位になったなんて、ますます気になりますよね。

戸建タイプの人気のお部屋「カーデンヴィラ」がフルリノベーションされたとのこと。

さっそく、リノベーション後のガーデンヴィラ宿泊してきましたので、詳細を紹介していきます。

オクマプライベートビーチ&リゾートについて

オクマプライベートビーチ&リゾート

那覇空港から車で約2時間弱。
本島屈指のプライベートリゾートです。世界自然遺産に登録された”やんばるの森”が広がる自然たっぷりのエリアです。

約10万平米の広大な敷地内には、グリーンの芝にヴィラとコテージが点在しています。

公式HPオクマ プライベートビーチ & リゾート
公式SNSInstagram
客室数184室
チェックイン14:00~24:00
チェックアウト11:00
お子様未就学児は大人と同人数まで添い寝可
住所沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
TEL0980-41-2222
アクセス沖縄自動車道許田ICより国道58号線を北上約35km約50分
那覇市内からオクマまで無料シャトルバス毎日1日1便運行中(事前予約制)
駐車場宿泊者無料

目の前のオクマビーチは、白砂の天然ビーチが約1キロメートルに渡って広がり、東シナ海に沈むサンセットを一望できる贅沢なロケーションです。

オクマプライベートビーチ&リゾート
オクマプライベートビーチ&リゾート
>>楽天トラベル – オクマプライベートビーチ&リゾート

>>ヤフートラベル – オクマプライベートビーチ&リゾート

>>じゃらん – オクマプライベートビーチ&リゾート

>>一休.com – オクマプライベートビーチ&リゾート

オクマプライベートビーチ&リゾート・ガーデンヴィラ宿泊レビュー

ラウンジアクセス付きの宿泊プランだったので、滞在中の車の移動(バレーサービス)はスタッフが行ってくれました。

チェックアウトの時にも、きちんとフロントロータリーに車の準備がされていました。

ロビー

エントランスからロビーまで、広い敷地にグリーンに色鮮やかなお花、水場には噴水もあって涼しげ、リゾート感たっぷりです。

オクマプライベートビーチ&リゾート

夕暮れ時からライトアップされて、また違った雰囲気でステキ。

オクマプライベートビーチ&リゾート

フロントからロータリーを中心に、自然と調和したイルミネーションが続いています。

オクマプライベートビーチ&リゾート

フロント左奥側のロビーラウンジに、ウエルカムドリンクが用意されていて、自由に飲むことができました。

今回はラウンジアクセス付きのガーデンヴィラに宿泊でしたので、その横の専用カウンターでゆっくり説明を受けながらチェックインしました。

オクマプライベートビーチ&リゾート

クラブラウンジの詳細は、下記をご覧ください。

【オクマプライベートビーチ&リゾート】沖縄のお勧めクラブラウンジ!子連れ宿泊記ブログ
2022年2月のオフシーズン、沖縄旅の2泊目は「オクマプライベートビーチ&リゾート」です。 ヤンバルクイナで有名なやんばるの森が広がる自然たっぷりのエリア。本島北部にまで足を伸ばすのは、初めてです。 オクマビーチは、1キロも続く白砂の天然ビ...

チェックアウトは、リゾート感&開放感たっぷりのフロントで行いました。

こんな大きな円柱の水槽に、色とりどりのお魚が泳いでいました。

南国らしいヴィヴィッドカラーのブーゲンビリアに、モンステラや綺麗に手入れされた芝生。

オクマプライベートビーチ&リゾート

ロビーを出て、左側を眺めても。

オクマプライベートビーチ&リゾート

右側を眺めても。ずーっと続く花と緑に囲まれて自然たっぷりの心地よい通路でした。

オクマプライベートビーチ&リゾート

グリーンの芝にヴィラとコテージ

ガーデンヴィラへは、カートにスーツケースを載せて案内していただきました。

きちんと手入れされたグリーンの芝の中に、可愛らしいピンクのヴィラが点在しています。

オクマプライベートビーチ&リゾート

こんな大きめのハンモックもありましたよ。

オクマプライベートビーチ&リゾート

どのヴィラに案内されるのか、ワクワクのひととき。

オクマプライベートビーチ&リゾート

ガーデンヴィラのお部屋

アサインされたヴィラは、端の方に位置した073のお部屋。

お家のようなつくりですね、扉を開けるとちゃんと玄関があります。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ

中に入るとベンチ、スリッパラックが用意されていました。短い廊下を抜けると、

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ

ブルーとネイビーの色目に、ウォールナット調の家具がシックで、とっても居心地の良い室内です。

テレビの前には、ソファーとテーブルが配置されていて、ゆったり寛ぐことができます。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ

ベッドボードは、オクマの海と波をイメージしたブルーにイルカが可愛らしい。

すっかり一人前のじゃーくん用のエキストラベッドを入れてもらっています。48m2あるので、120cm巾のベッド3台でも広々としていました。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ

リゾートの季節に長期滞在も安心してできる2ドアの大型冷蔵庫。中は空っぽでした。売店で購入したドリンクを冷やして、お部屋でゆっくり戴けますね。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ

オクマの水にケトル、アイスペール。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラミニバー

コーヒーはUCC、ラウンジと同じですね。煎茶と沖縄といえば、さんぴん茶。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ

クローゼットも大容量タイプ。折りたたみ式パイプ物干し、これは水着等を干すのにとても有難いですね!

セーフティボックスの下に、ワッフル生地のパジャマが共布の袋にセットされていました。着心地も抜群でした。

リノベーション後は、バス・トイレ・パウダールームがそれぞれ別になっていました。

扉を開けて、突き当たりにパウダールーム。
間接照明が柔らかな明るさで、スクエアの洗面台も使いやすく快適なパウダールームでした。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ洗面

タオル等の収納スペースも使いやすさへのこだわりを感じましたよ。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラ洗面

アメニティは、国内ホテルで初導入のフレッシュな柑橘系フルーツの香りが特徴のタイのブランド「PANPURI(LEMONGRASS&MANDARIN)」。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラアメニティ

このドライヤー、すっきりコンパクトに納まっていいですね。

アメニティ類は、基本的な物が揃っていました。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラアメニティ

左手奥側がバス。洗い場の浴槽も広くてゆったり入ることが出来たので、少し距離のある大浴場には結局行かず、でした。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラバス

ボトルタイプのハイビスカスのシャンプー類もセットされていました。

オーバーヘッドシャワーもあって、プールや海から戻ってきてシャワーするのにも有難いですね。さすがリゾート対応ばっちりです。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラバス

左手手前側にトイレ。新しく綺麗く快適!グレイッシュ系のカラーもおしゃれで良い感じ。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィラトイレ

旅行ときのスキンケアは、ワタシプラス 資生堂(オンラインショップ)のトライアルセットおすすめです。安心の資生堂で1品からでも送料無料なのが、とってもありがたい。

ラナイ

ガーデンヴィラには、広々としたラナイがあります。

ラナイもしっかりリノベーションされていて、ウッドデッキの全面張替えに家具も新調されています。

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィララナイ

大きめなテーブルなので、家族そろって食事やティータイムをラナイでの過ごせます。リゾートならではの贅沢です!

オクマプライベートビーチ&リゾートガーデンヴィララナイ

その他施設/屋外プール・ショップ・大浴場

宿泊した時期は、オフシーズンだったので。残念ながらプールは利用できませんでした。

プールは、メインプール・流水プール・子供用プール・アクティビティプールの4種類。
プールサイドにはデッキチェアが配置されているので、大人もゆっくり過ごせます。

オクマプライベートビーチ&リゾート屋外プール

プールの営業期間は、3月20日~10月です。

オクマプライベートビーチ&リゾート屋外プール

展望浴場シーサイドサウナ。

オクマプライベートビーチ&リゾート

営業時間は、10:00~23:00。宿泊者は無料で利用できます。

見晴らしの良い通路右側に、ショップ「ブーゲンビリア」。

沖縄の特産品やお土産に食料品、ドリンク類、日常雑貨も揃っていました。

オクマプライベートビーチ&リゾート

斬新な彩りのミニの奥側に、ショップ「プルメリア」。こちら、ジミー大西のアートラッピングカーだったようです。

ブランドの洋服やアクセサリー、ビーチリゾートに必要な水着、ビーチサンダルなども揃っていました。

ちょうどやんばるアートフェスティバルが催されていて、ガジュマルの木もアートに大変身していました。

オクマプライベートビーチ&リゾート

ガーデンエリアには、ランドリーサービスもありました。濡れた水着も、すぐに洗えてとっても便利です。

サーフサイドカフェに、鉄板焼きや和食のレストランもあります。

沖縄家庭料理を気軽に楽しめる居酒屋「おかめ」に行きたかったのですが、あいにくこの日は貸切とのことでした。次回はリベンジしたいです。和食処「いじゅ」での夕食にしました。

オクマプライベートビーチ&リゾート

無料シャトルバス

1日1便宿泊のお客様専用、無料シャトルバスが運行されています。
前日18時までに予約が必要になります。

沖縄のレンタカー不足もあったりするので、シャトルバスの運行サービスは有難いですね。

運行スケージュールは、こちらよりご確認ください。

オクマプライベートビーチ&リゾートの往路か復路にも立寄れる、実際に訪れてみてオススメの絶景・観光地です。良ければどうぞ。

古宇利島の絶景から美ら海水族館まで!リッツカールトン沖縄周辺のオススメ観光!
リッツカールトン沖縄のある名護市から、少し足を伸ばして訪れたオススメの観光・絶景スポットに、子連れ家族旅行に王道の「美ら海水族館」まで。沖縄本島に訪れた際の参考になれば嬉しく思います。

オクマプライベートビーチ&リゾートの総評

那覇空港からは、少し距離があるけど。行く価値ありです!

世界自然遺産の「やんばるの森」と、サンゴ礁が広がる美しいエメラルドグリーンの海。大自然のプライベート南国リゾートで、リゾートアクティビティで過ごすのも良し。

リノベーションされたプレミアムなヴィラで、プレミアムな時間を過ごすのも良し。

すーファミリー、次回は3泊くらいしてゆったりリゾート&アクティビティを満喫。
そして今回行けなかったやんばるの森の、ヤンバルクイナのくーちゃんに会いに行く予定で意見がまとまりました。

↓予約、宿泊価格のチェックはこちら↓

>>楽天トラベル – オクマプライベートビーチ&リゾート

>>ヤフートラベル – オクマプライベートビーチ&リゾート

>>じゃらん – オクマプライベートビーチ&リゾート

>>一休.com – オクマプライベートビーチ&リゾート

マイルを貯める生活はとっても楽しい!

今回の沖縄旅行は、貯めたマイルで沖縄までの特典航空券を3名分予約して行ってきました。
思い立ってこんな風に旅行に行けるのも、ポイ活のお陰ですね!

2泊の沖縄旅だったので、できるだけ滞在時間がなが〜くなるよう飛行機の時間も、出発は朝早く8時。
沖縄からの帰路は、20時半頃の遅めの便を予約しました。時間の有効活用のために、初めてソラシドエアに乗ってみましたよ。

いろいろ融通が効くのも、とっておきのマイル旅です。

マイルを貯める生活やポイ活。
最初のとっかかりは、ややこしそうで複雑かもしれませんが、少しずつ理解しながら一つずつ実践していくことが大切!

飛行機に乗り、ゆったりホテルでくつろぐ旅行の魅力に、どっぷりはまってみてください。

初心者にもおすすめ!ポイ活は裏技!?ANAマイルの貯め方・陸マイラーのはじめ方
ポイ活どうやって始めたらいいの?ポイントサイト怪しかったりしない?マイルを貯めるためには、まずはポイントを貯める事が一番大事!いつも通りの生活にほんのひと手間ポイントサイトを上手く活用するだけで、どんどんポイントが貯まってとってもお得なので、オススメのポイントサイトを紹介していきたいと思います。

マリオットボンヴォイ アメックスプレミアムカードでゴールドステータスに!

カードを発行するだけで、マリオットボンヴォイの「ゴールドステータス」が得られるという特典が付いている「マリオットボンヴォイ アメックスプレミアムカード」は、旅行好きにオススメです!

高還元率でANAマイルもJALマイルも貯まり、なんと無料宿泊特典も!

使い方次第で、豊かな旅行が実現できるカードですよ!ぜひ活用してみてはいかがでしょう!

旅行好きにおすすめ【マリオットボンヴォイ アメックスプレミアムカード】詳細を解説!
旅行が大好き!家族みんなで旅行を満喫したい!そんな方にはマリオットボンヴォイアメックスはとってもお勧めなクレジットカードです!!マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの詳細と最もお得に申し込む方法を紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました