ニルワナリゾートホテル【ビンタン島】周辺観光情報&宿泊記ブログ

ニルワナリゾートホテル【ビンタン島】周辺観光情報&宿泊記ブログ インドネシア

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

シンガポールからフェリーで1時間ほどで到着する南国リゾートビンタン島。

シンガポールの人たちも多く訪れるとあって、フェリー乗り場近郊にリゾートホテルが集まっています。日本ではメジャーなリゾート地でないためか、情報量が少なめでホテル探しも悩みました。

高級リゾートも候補にあがったのですが、ファミリーでゆっくり寛げそうな「ニルワナリゾートホテル」を選択。普段宿泊予約サイトの口コミを重視してホテル選びするすーママ。評価もボチボチだったので、実際に行ってみないとわからないなぁ、と正直ドキドキでした。

結果、プライベートビーチに快適なプール、アクティビティやレストランも揃っていて、ファミリー層にぴったりなホテルでリゾートステイを満喫できました。合わせて周辺の観光情報も紹介していきます。ビンタン島旅行の参考になると嬉しく思います。

ニルワナリゾートホテル/Nirwana Resort Hotelについて

ビンタン島のフェリーターミナルに到着後、お迎えに来ていたニルワナリゾートホテルシャトルバスに乗車。15分ほど走ると、広大な敷地のニルワナリゾートホテルに到着、ゾウさん(本物ではないです)が迎えてくれます。

↓予約、宿泊価格のチェックはこちら↓

>> Booking.com – ニルワナリゾートホテル

>> agoda – ニルワナリゾートホテル

>> Expedia – ニルワナリゾートホテル

ニルワナリゾートホテルの宿泊レビュー

綺麗に手入れされたエントランス、鯉がたくさん飼われていました。ロビーに入るとインドネシアの踊りでお迎えです。バスを降りた人から順に、フロントでチェックイン。オープンな作りで、インドネシアのリゾート感がたっぷりです。

ホテル内には、イグアナも飼われていて、毎朝ごあいさつ。

ニルワナプレミアルームのお部屋

宿泊したのは、ニルワナプレミアルーム。

お部屋からの眺望に、ガーデンビューと一部オーシャンビューの2種類あります。ここは一部でもプールや海が眺めるお部屋を迷わず選択。リゾートホテルの滞在では、多少価格がアップしてもビーチ側のお部屋が居心地良く、大切なポイントだと思っています。

そして、リゾートホテルにしては、宿泊料金がリーズナブルなのも嬉しいところ。

少し古さも感じられましたが、どこもきちんと手入れされているのが伝わってきます。ニルワナプレミアルームは、リフォーム後のウッド調お部屋で、プールやビーチを眺めながら快適に過ごせました。

写真が撮れていないのですが、クローゼットやセーフティーボックス、冷蔵庫にミネラルウォーターの用意もありました。

引用: >> Expedia – Nirwana Resort Hotel

シャワーブース、トイレ、洗面スペースのウェットエリアは、入口はいった横にありプール後にも利用しやすかったです。

我が家が予約したBooking.comでは、18歳以上が大人料金のためじゃーくんは添い寝扱いで。エキストラベッド(追加料金)をお願いすることもできます。

レストラン

ニルワナリゾートホテル内には、5箇所のレストランがあります。手付かずの自然豊かなビンタン島、リゾートホテル内で全てこと足りるのが有難いですね。

朝食会場の「The Coffee Shop」。

洋食、中華、ローカル料理、フルーツなど種類豊富なビュッフェメニュー、美味しくいただきました。

引用: Expedia – Nirwana Resort Hotel

ロビーと同フロアにある「Dino Bistro」。

ホテルに到着した遅めのお昼過ぎ、チェックイン後にそのままレストランへ直行。白砂の綺麗なビーチを眺めながら、サンドイッチなどをいただきました。日陰では風も心地よく、リゾートに来た!と感じさせてくれる景色。

ビーチフロントのレストラン「ZT Bar & KTV」。店内は空いて、子連れでも気兼ねなくゆっくり食事して過ごせました。

プールサイドには、「The Poolside」レストランがあります。プール内にあるのは「Pool Bar」、プールに浸かりながらいただくアルコール、リゾートならでは最高のひとときです!

プール&ビーチその他

プールから海を眺める景色、このホテルで一番のお気に入り。プールもなかなかの大きさで、ジャグジーが出るプールもありました。

プールも混み合うこともなく、ただひたすらのんびり過ごす時間。

ビーチバレー用ネットやハンモックもあります。

貸切状態のビーチ、遊び放題です。

象に乗れるとの情報も目にしましたが、訪れたとき(2019年8月)にはもう象乗りはありませんでした。サファリラゴイでは、象乗りや餌やり体験ができますよ。

我が家はプール三昧でしたが、バギーツアーやビーチ系のアクティビティも申込めます。詳細は、公式ページでご確認ください。

>> ニルワナガーデンズ

ニルワナリゾートホテル周辺観光

ケロンシーフードレストラン/Kelong Seafood Restaurant

ホテルのシャトルバスに乗り、夕陽が沈む前に水上にある「ケロンシーフードレストラン」へ。その隣には、水上バーの「カリプソフローティングバー」もあります。

どちらもニルワナガーデンズなので、シャトルバスが出ているのも便利で有難く、レストランの予約もホテルフロントでお願いできました。

中華系のシーフードレストランで、綺麗な夕陽を眺めながらお料理がいただけるビンタン島の絶景スポット。夕陽が沈んだ後は、海が真っ暗になってしまったので、サンセットに時間を合わせて行くのがおすすめです。

ビンタン島名物というゴンゴン貝も美味しくいただきました。

プラザラゴイ/Plaza Lagoi

ラゴイビーチにあるショッピングモール「プラザラゴイ」。

リゾート内を循環している無料のシャトルバスで行ってみました。

噴水などもあり綺麗な施設でしたが、空き店舗が多くまだまだこれからかなのかなぁ、という印象。

スーパーがあったので、ビンタンビールの買い出し。ビーチ沿いにレストランを見つけ、サテやミーゴレンなど食べてみました。お値段もホテル価格とは違い、リーズナブルで美味しかったです。

ニルワナリゾートホテルの総評

ビンタン島の広大な敷地をもつニルワナガーデンズのリゾートホテル「ニルワナリゾートホテル」。

少し古さも感じられますが、お庭もビーチもお部屋もキレイに手入れされていて居心地良かったです。スタッフもみな気さくで親切なとこも好印象。

何より広々とした敷地内で、綺麗なプール&ビーチで過ごす時間が最高でした。我が家はみな、人混みが苦手なタイプなもので。マリンスポーツなども豊富にあるので、アクティブに楽しむのも良いですね。

海上レストランへもホテルのシャトルバスがあり、利用しやすいのが嬉しいところ。規模の大きいニルワナガーデンズだから、快適に過ごすことができますね。

コロナもありましたがビンタン島も開発が進み、ショッピングモール等もっと楽しめると良いのですが。マリオット系列のナトラビンタンもあるので気になるとこですが。次回ビンタン島を訪れても、またニルワナリゾートに宿泊してるかもしれません。

同じ時期に、なんとお友達ファミリーもシンガポール旅行から、ビンタン島に日帰りで行ったらしい。日帰りツアーのため、アクティビティを楽しんだけど、とてもあわただしかったとのこと。シンガポール旅行の方にもおすすめのビンタン島、1〜2泊はしたほうが良いですね。ホタル鑑賞ツアーもありますよ。

>> KLOOK – ビンタン島人気のアクティビティ

↓ニルワナリゾートホテル宿泊価格のチェックはこちら↓

>> Booking.com – ニルワナリゾートホテル

>> agoda – ニルワナリゾートホテル

>> Expedia – ニルワナリゾートホテル
タイトルとURLをコピーしました