【2022年】ANAマイル交換方法!ポイントサイトからみずほルートへの図解解説!

【2022年】ANAマイル交換方法!ポイントサイトからみずほルートへの図解解説! マイル&ポイ活のこと

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

2022年3月末で、各ポイントサイトからANAマイルへ交換していた「TOKYUルート」が使えなくなってしまいました。

残念なことですが、変化には対応していくことが何より大切だと思うすーママ。

今後、ANAマイルが最も貯まる最適なルートは?
ポイントサイトから、Tポイント経由のわかりやすいシンプルな交換ルート「みずほルート」を解説いたします。

みずほルートに必要なクレジットカード

各種ポイントサイトから「みずほルート」を使うと、ANAマイルへの交換レートは70%になります。

その「みずほルート」を使用するには、2枚のクレジットカードが必須です。

JQカードセゾンみずほマイレージクラブカード/ANA
年会費初年度無料
(1,375円/税込)※1
永年無料 ※2
国際ブランド VISA/MasterCard
/JCB/AMEX 
MasterCard
 貯まるポイント JRキューポ永久不滅ポイント
※1 年1度でも使用すると無料
※2 みずほ銀行の口座開設が必要

2枚ものクレジットカードの準備が必要なのは、正直手間がかかりますが。
70%の高レートでANAマイルに交換することができます。

JQカードセゾンのカードブランドをAMEXで発行しておくと、年会費無料でもセゾンアメックスのキャッシュバックキャンペーンで、20%還元や30%還元をお得に受けることができます!

ポイントサイトから「みずほルート」

各ポイントサイトからANAマイルへ70%の交換率で移行する「みずほルート」。

みずほルート

直接、ポイント中継サイトの「Tポイント」に等価交換できるのは、モッピー・ハピタス・ちょびリッチになります。

「Gポイント」を中継サイトとして交換することも可能です。Gポイントの場合は、5%の交換手数料がかかる(サービス利用で手数料返還されます)ため、シンプルなTポイントを経由するルートが使いやすいと思います。

ポイントサイトから交換に必要な日数は、下記のとおりです。

交換に必要な期間
  • ポイントサイト → Tポイント:即時〜1週間程度
  • Tポイント → Rキューポ:2〜3日後
  • JRキューポ → 永久不滅ポイント:約2日後
  • 永久不滅ポイント → ANAマイル:月末締めの翌日20日付与

九州、函館の人には「nimocaルート」

みずほルートと同じ70%でANAマイルに交換できるもう一つの方法として、「nimocaルート」もあります。


nimocaルートは、各種ポイントサイトのポイントをnimocaポイントに集め、ANAマイルへ交換可能な、こちらもシンプルな移行ルートです。「ANA VISA nimoca カード」が必要になります。

ただ、このnimocaルートの弱みは。

  • nimocaポイントからANAマイルへの交換は、九州と函館に設置の交換機でのみ可能。

ということで、九州や北海道在住の方にはとっては使いやすいルートですが、それ以外の方は「みずほルート」を使用することになります。

nimocaの交換機の設置場所はこちら

交換レートアップキャンペーンを利用

実は少し運任せ的な方法になりますが、不定期で開催される「交換レートアップのキャンペーン」を待って、ANAマイルに交換という手もあります。

nanacoポイントからANAマイルへの交換レートは、通常50%ですが。過去のレートアップキャンペーン時は、50% → 75%にアップしていました。

75%での交換であれば、TOKYUルートと同じ交換レート。みずほルートより交換率も良いので、かなり魅力的なキャンペーンです!

先の状況はわからないデメリットもありますが、こういったキャンペーンを上手く利用して、ANAマイルに交換するのも有りです。

まとめ

ポイントサイトからANAマイルへの交換方法、みずほルートを図解解説しました。

みずほルートを含め、ANAマイルへは3つの交換方法があります。

  • 九州と函館在住の方には「nimocaルート」
  • それ以外の方には「みずほルート」
  • レートアップのキャンペーンのタイミングで効率的に交換

交換するためには、ルートによって必要なクレジットカードを準備しておくことも大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました