【レクー沖縄北谷スパ&リゾート】子連れ沖縄ホテルの宿泊記ブログ

【レクー沖縄北谷スパ&リゾート】子連れ沖縄ホテルの宿泊記ブログ 沖縄、ホテル。

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

沖縄中部の北谷町にあるレクー沖縄北谷スパ&リゾート。
美浜アメリカンビレッジすぐ近く、とても便利な場所にあります。

2020年3月にオープンの新しく綺麗なホテルなのはもちろん、シンプルシック&モダンな居心地の良い空間で、家族連れでも安心してリゾートステイが満喫できます。

すーママがレクー沖縄北谷スパ&リゾートを宿泊先に選んだ理由は、

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのオススメ
  • 沖縄家族旅行に嬉しい、18歳以下の子供まで添い寝無料
  • オリジナルバーガーや沖縄料理を満喫できる朝食メニュー
  • 沖縄では珍しい天然温泉の大浴場

実際に宿泊してみたレビューになります。
沖縄家族旅行の参考になれば、嬉しく思います。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートについて

沖縄本島西部、東シナ海を望む北谷町のレクー沖縄北谷スパ&リゾート。ホテルすぐ隣には、ショッピングや飲食を楽しめる美浜アメリカンビレッジがあります。

海も街遊びも楽しめる好立地で、気取りすぎず、でも非日常を感じながら、大切な人と笑顔で過ごすひとときを、コンセプトにしたリゾートホテルです。

公式HPレクー沖縄北谷スパ&リゾート
公式SNSInstagram
客室数277室
チェックイン14:00~28:00
チェックアウト11:00
お子様添い寝は18歳まで無料
住所沖縄県中頭郡北谷町字美浜34番地2
TEL098-936-2288
アクセス沖縄南インターチェンジからホテルまでは約6km、車で約10分
駐車場宿泊者無料
>>楽天トラベル – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

>>一休.com – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

>>ヤフートラベル – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

>>じゃらん – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

駐車場は無料ですが、250台先着順となっています。事前の予約は受付ていないため、満車の場合は近隣のコインパーキングに駐車する必要があります。


立体駐車場入口が一方通行の車道のため、先に車を駐車場に停めてからホテルフロントに向かうことをおすすめします。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、シック&モダンな「メイン棟」とより上質なリゾートを感じる「プレミア棟」とに分かれています。

フロントに朝食会場やプール、大浴場まで、ほとんどの設備は、メイン棟にあります。

レクー沖縄北谷スパ&リゾート宿泊レビュー

ロビーは、シンプル&シックな洗練された空間。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートロビー

ロビー奥には、ソファーが設置されていて、ウェルカムドリンクが用意されています。写真右奥の黒いクロスが被せてある箇所です。

レクー沖縄北谷スパ&リゾート

ウェルカムドリンクの時間は、14:00〜21:00まで。この時は、残念ながら時間外でした。

レクー沖縄北谷スパ&リゾート

フロント横には、販売品コーナー。とってもお洒落で魅力的な品がたくさん、購入しちゃいましたよ!

PCコーナーもありました。旅行中での検索にも、役立ちそうですね。

宿泊した部屋/デラックスルーム

メイン棟かプレミア棟、どちらに宿泊するか?プレミア棟には、各室天然温泉を引き込んだお風呂があるのも魅力的。

検討してみたろところ、朝食会場や大浴場があるメイン棟の方が便利だという口コミを見て納得してメイン棟に決定。

宿泊したお部屋は、メイン棟のデラックスルームです。7階のお部屋でした。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム

お部屋の種類は豊富でしたが、広さ41.5㎡あり、ダブルのベッドが2台あったことが選んだ決め手。

一人前のサイズ感になってきたじゃーくんとの添い寝を考えると、大きなベッドでゆったり休めることが大切なのです。2台のベッドをくっつけて、川の字になって広々休めました。

ベッド奥側のクローゼットも大きく、スーツケースがそのまま入るほどの収納力でした。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム

定員4名までのお部屋のため、ソファーベッドも大きめサイズがありましたよ。アッシュブルー&グレー系の色目、素敵でした!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム

こちらのお部屋から海は見えません、とのこと。ベランダからの景色は、こんな感じでした。

角部屋で広々、部屋の形をうまく利用した間取りになっています。チェア&テーブルも用意されています。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム

ケトルにお水。引き出しにお茶類やグラスがセットされていました。ここに鏡があったのは、なんだか不思議な気もしますが。

テレビ横の扉を開けると、洗面化粧台。アメニティも揃っています。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム洗面

左側に洗い場付きバス、新しくてもちろん綺麗です。温泉大浴場に行ったので、こちらは使用しませんでした。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルームバス

右手側がトイレ。こちらもピカピカですね。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルームトイレ

天然温泉大浴場

メイン棟8Fに、北谷天然温泉の大浴場があり、宿泊者は無料で利用できます。
営業時間は、15:00〜24:30(25:00営業終了)、6:00〜9:30(10:00営業終了)となっております。

女風呂は、チェックインの時に渡されたパスワードを入力して入ります。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム天然温泉大浴場
レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトより

脱衣所もゆったり広々していて、入浴後のパウダールームにはダイソンのドライヤーが豊富に設置されていましたよ。こういった心配りも、女性には嬉しいですね。

旅行ときのスキンケアは、ワタシプラス 資生堂(オンラインショップ)のトライアルセットおすすめです。安心の資生堂で1品からでも送料無料なのが、とってもありがたい。

朝食

朝食会場は、メイン棟2Fのラウンジです。
営業時間は、7:00〜10:30(最終料理提供10:00)まで。

残念ながら混み合っていて、うまく写真が撮影できなかったのでホテルHPよりお借りしました。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートデラックスルーム朝食
レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトより

洋食、中華、沖縄料理とメニューも豊富で、本格的なお料理の数々。どのお料理もとても美味しかったです。

ミニサイズのレクーオリジナルバーガーは、あぐー豚ローストやメンチカツを挟んで自分で作るスタイル。お刺身から、定番チャンプルーやソーキそばに小籠包、中華粥もありましたよ。

沖縄旅行での沖縄料理、朝から大満足!いつもながら、もう少し大きな胃が欲しい。

レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトより

屋上プール

メイン棟8Fに、宿泊者のみ利用できる屋上プールがあります。

インフィニティープールにカフェ&バーや子供用プール、岩風呂もあり、沖縄で一番夕日が綺麗に見える場所だとか。大人から子供楽しめます。

レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトより
期間3月20日~10月31日
時間8:00~20:00(7/1~9/30は22:00まで営業)
料金大人¥2,000(¥3,000)※1 / 小人(6~12歳)¥1,000(¥1,500)※1/ 5歳以下無料※1
※1 夏季プール期間(7月22日~8月31日)は括弧内の料金/ワンドリンク付き

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの魅力の一つでもあるインフィニティープール。

宿泊者でも料金がかかってしまうのは、残念に思ってしまいますね。家族で利用すると、少しお高く感じてしまうかもしれません。

その他施設/フィットネスルーム、ランドリー、キッズアメニティ

プレミア棟6Fにフットネスルームがあります。宿泊者は、無料で利用できます。
営業時間は、9:00〜20:00です。

メイン棟2Fに、24時間利用可能なランドリーコーナーがありました。ビーチやプールで遊んだ後のリゾートならではの大事な設備ですね。

また、赤ちゃんや子連れに嬉しいサービス。無料のキッズアメニティを貸出しできます。ベビーベッドやベッドガードだけでなく、ベビーカーや紙おむつ&お尻拭きに、絵本やおもちゃも用意されています。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの総評

ホテル周辺には、飲食店やカフェ、ショッピングを楽しめる店舗も沢山あります。また、ホテル1Fにコンビニが直結しているのもとても便利でした。

リゾート感を味わいながら、ショッピングやグルメも楽しみたいファミリーにも優しいお勧めのホテルでした。天然温泉もあり、沖縄料理が盛り沢山の美味しい朝食ブッフェも楽しめます。新しく綺麗で洗練されたリゾートホテル、コスパ抜群です。

↓予約、宿泊価格のチェックはこちら↓

>>楽天トラベル – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

>>一休.com – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

>>ヤフートラベル – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

>>じゃらん – レクー沖縄北谷スパ&リゾート

家族とビーチ&プールを満喫しながら、優雅にリゾートステイできるラウンジ付きホテルも快適です。

【沖縄のラウンジ付きホテル】子連れ旅行にもお得なおすすめ5選!比較まとめ
せっかく沖縄旅行行くなら!家族とビーチ&プールを満喫し、優雅にリゾートステイもできるお手頃価格なクラブラウンジのある沖縄ホテルを紹介致します。ママ目線での厳選ホテル5選です。
タイトルとURLをコピーしました