シンガポールからビンタン島へ!1時間で行ける南国ビーチリゾート!

シンガポールからビンタン島へ!1時間で行ける南国ビーチリゾート! シンガポール

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

シンガポールからフェリーで約1時間で訪れることのできるインドネシアの「ビンタン島」。

シンガポールのガイドブックにも掲載されているビンタン島は、シンガポール現地の方にも、ゴルフや週末リゾート地として人気です。

セントーサ島で過ごす高級リゾート旅も楽しんだのですが、2019年に訪れた自然たっぷりのリゾートビンタン島も良かったよね〜と思い出話しに盛り上がるすーファミリー。

ビンタン島は近いといってもシンガポール内ではなく、インドネシアに入国することになるため、パスポートも必要です。備忘録も兼ねて、シンガポールからビンタン島への行き方を紹介していきます。

ビンタン島とは

ビンタン島は、インドネシアのリアウ諸島に位置する自然豊かな島で、シンガポールから高速フェリーで約1時間ほどで到着することができます。

シンガポール現地の方は、スパやビーチで休暇を過ごすために日帰りや泊まりで訪れます。そのため、豪華なリゾートホテルも点在していて、ゆったり過ごすことができます。

ビンタン島の乾季は、4〜9月。なかでも6〜9月がベストシーズンです。シンガポールとの時差はマイナス1時間。

我が家がビンタン島へ訪れることにしたのも、ちょうど夏休みシーズンが乾季に当たるリゾート地だから!

ビンタン島への行き方・アクセス

シンガポールからビンタン島へのアクセスは、チャンギ空港の南に位置する「タナメラフェリーターミナル」から、ビンタン島の「バンダルベンタンテラニフェリーターミナル」まで、高速フェリーで約60分です。

チャンギ空港からタナメラフェリーターミナルへは、タクシーで約15分ほど。我が家が宿泊していたカトン地区からは、grabで20分ほどで到着、シンガポール市内からは、25〜30分くらいです。

MRTとバスを利用して行くこともできますが、MRTの駅からも離れているため、grabかタクシーの利用がおすすめです。

フェリー

タナメラフェリーターミナルとバンダルベンタンテラニフェリーターミナルを結ぶ高速船は、ビンタンリゾートフェリー/Bintan Resort Ferries

座席クラスと料金

ビンタンリゾートフェリーには、2種類の座席クラスがあります。

  • エコノミークラス
  • エメラルドクラス
Bintan Resort Feriies公式サイトより(エメラルドクラス)

エメラルドクラスの特典は、下記のとおり。

  • 優先チェックイン、優先搭乗、優先下船、優先手荷物返却
  • ターミナルでのラウンジ利用
  • ゆったりシートの座席指定
  • 船内ドリンク

我が家は、エコノミークラスを利用しました。ターミナルにはお店などもあり飲み物も購入できますが、混み合っていて空いている椅子を探すのも一苦労。入国審査にも行列ができるので、優先チェックインや優先搭乗は快適なんだと思いました。

料金の差は1.5倍くらいなので、検討してみるのもありですね。

チケット料金と予約方法

フェリーの料金は、往復で購入すると安くなります。「座席クラス」と「レギュラーシーズン or ピークシーズン」で料金設定が異なります。料金の詳細は、ticket-faresより、また時間も時期によって変動しているため、ferry-scheduleでご確認ください。

当日のターミナルでもチケット購入できますが、混み合ったり売切れることもあるため、予約しておくことをおすすめします。

>> Bintan Resort Ferries

公式サイトは英語になるため、ドキドキしながら予約したすーママですが、笑。KLOOKでクーポン等を利用して、日本語でお得に予約もできるので、利用するのもおすすめです。

>> KLOOK – ビンタンリゾートフェリー

>> KKday – ビンタンリゾートフェリー

下記のリンクからKLOOKの会員登録すると、登録後に500円クーポンがもらえます。

フェリー乗船の流れ

フェリー乗船の流れは、下記のとおり。

  • チェックイン
  • 荷物の預け入れ
  • 出国審査
  • 乗船
  • ビンタン島 入国審査
  • 荷物受け取り

予約しているチケットのバウチャーとパスポートを持って、チェックインカウンターに行き、搭乗チケットと入国書類を受け取ります。混み合う場合を考慮してか、出発の90分前のチェックインが推奨されています。

すぐ隣で荷物の預け入れをして、その後出国手続きをします。

出国後の待合所には、免税店やカフェもあります。

搭乗時間になると、いよいよ乗船です。エコノミークラスでもシートは快適でした。1時間ほど、あっと言う間にインドネシアのビンタン島に到着です。

到着後は入国審査を済ませ、預けた荷物を受け取ります。

  • 現在日本国籍の場合、短期観光目的でも到着ビザが必要となります。オンライン( e-VOA)で事前に取得もできます。

下船するのが最後の方だったからか、この入国審査にけっこう並んだ記憶が。エメラルドクラスであれば、優先下船で入国もスムーズ快適なんだろうなぁ、と思いましたよ。

通路に出ると、宿泊ホテルの送迎バスが待機しています。ただし早く入国できた人たちも、皆が揃うまでバスで待っていたようでした。

  • ビンタン島には公共の交通機関がないため、各ホテルの送迎を利用します。ホテルによって、フェリーの到着時間を事前に伝えておく場合と、フェリー到着時間には必ず待機している場合があります。宿泊ホテルに事前に確認しましょう。それ以外の場合は、タクシーの予約が必要です。

まとめ

シンガポールのタナメラフェリーターミナルから、フェリーに乗って1時間ほどのビンタン島への行き方を紹介させていただきました。

シンガポールの街並みとまた違い、自然豊かなゆったりした時間が流れているビンタン島。ひと足のばして青い海に囲まれたリゾートステイを楽しめるのが魅力的です。

フェリーは、乗船チケットを予約しておくことをおすすめします。

エメラルドクラスを予約すると、専用ラウンジが利用できたり、優先下船も可能。ただし、ビンタン島では移動にホテルのシャトルバスを利用するため、優先下船してもバスで待機、待つ場所が違うだけかもしれません。帰りのビンタン島からタナメラフェリーターミナルへの帰路は、早く下船できるとその分タクシーの乗車や次の予定に移動できるのが有難いですね。

我が家の帰路時は、行きの行列を反省して早めに下船しましたよ、笑。おかげで、grabにもスムーズに乗車できました。少しでも旅行の参考になると嬉しく思います。

>> Bintan Resort Ferries

>> KLOOK – ビンタンリゾートフェリー

>> KKday – ビンタンリゾートフェリー
タイトルとURLをコピーしました